MT3.32からMT5.12にバージョンアップ

データベースがSQLITEのMT3.32からMYSQLに統一されたMT5.12にバージョンアップしました。
特に困っていたわけじゃないのですが、あまりにも時間がたってからバージョンアップすると大変だろうと思ったからです。

一気にMT3からMT5はできないわけじゃないそうですが、順番にやっていったほうが良いそうです。

大きな流れ



  1. バックアップを取る

  2. MT4を(今回は4.25)ダウンロードしアップロードしたらパーミッションを変更

  3. mt-config.cgiを書き換えてアップロードしMT4にバージョンアップをする。

  4. そしたらブログのバックアップを取ります。

  5. SQLITEのデータをバックアップもとっておきます。データベースの移転を失敗しても元に戻せます。

  6. サーバーでMYSQLのデータベースを作成する。

  7. mt-config.cgiを開きSQLITEからMYSQLのデータベースに変更したらサーバーにアップロード

  8. そして、管理画面にアクセスしたら初期化せされればOK。適当にブログ名などを書いてOKボタンを押すと、新しいブログができます。

  9. システムメニューから復元を選び、4のブログのバックアップで復元します。この時MTが同じバージョンでないとバックアップファイルは復元できないので注意。要するにMT4.25からMT4.27もダメだし、もちろん4.25のバックアップをMT5で復元はできません。

  10. MT5をサーバーへアップロードしてフォルダ名が変わるときはMT4で使っていたmt-config.cgiのCGIパスなどを変更して(データベース名は変更しなくて良い)、MT5のmt-config.cgiがあるところにアップロードすれば、バージョンアップ完了です。



バージョンアップに失敗しても、元に戻せるようにバックアップは必ずとってください。
私も以前原因はわかりませんがバージョンアップに失敗した経験があります。

今回、MT3→MT4→MT5というふうにバージョンアップしたのですが、MT4のダウンロード出来る場所を30分くらい探したが見つからず、結局所有するブログに4.25を使っているのがあったのでそれをダウンロードしました。

私が今回やったサーバーはエックスサーバーです。多分ここはいくつもデータベースを作成できる?けど、レンタルサーバーによっては1つしかできないところもあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。